ずっと音楽に夢中

身も心も解放してくれる素敵な音楽に出会ったら、興奮さめやらぬうちに書きつづります。あれこれ書きますが、結論はすべて「音楽っていいな」です。

さよならポニーテール「円盤ゆ~とぴあ」にふりかけられた大瀧詠一エッセンスとは?

12人組からなる音楽集団「さよならポニーテール」が2015年に発表したアルバム「円盤ゆ~とぴあ」。
CD3枚組で3,333円という価格設定という3づくしの作品になっています。
一体なぜここで数字の3を強調したのでしょうか?
 
まず、通算3枚目のアルバムだという線が考えられますが、彼らはこの時点ですでにアルバムを3枚以上出しています。
となると謎です。
「3」だけで考えても何も思い浮かばないので、違う発想をしましょう。
三角形→トライアングルと連想してみます。
「トライアングル」で思い当たりました。「ナイアガラ・トライアングル」です。
ナイアガラ・トライアングル」というのは大瀧詠一によるコラボ企画で、ナイアガラ トライアングルVol.1では 大瀧詠一山下達郎伊藤銀次を、Vol.2では佐野元春杉真理を加えた3人で活動しました。
 
CD3枚のそれぞれのテーマを見ると、そのことを示唆するディスク名がつけられています。
「DISCⅠ ~A面集で恋をして~」。
これはナイアガラ トライアングルVol.2の「A面で恋をして」へのオマージュです。
 
DISCⅡは「さよぽに・カレンダー」。大瀧詠一の作品「ナイアガラ・カレンダー」のもじりです。
収録曲「さよポニの湯けむり音頭」も大瀧詠一オマージュと考えられます。

さよならポニーテール 『さよポニの湯けむり音頭 Part1』 - YouTube

 
大瀧詠一には「音頭」へのこだわりがあって、「イエロー・サブマリン音頭」をプロデュースしたり、音頭集「LET'S ONDO AGAIN」をリリースしたりしていました。ナイアガラ トライアングルVol.1には、「ナイアガラ音頭」を収録しています。
「DISCⅠ ~A面集で恋をして~」には、大瀧詠一がプロデュースしたシュガーベイブへのオマージュともとれる「光る街へ」も収録されています。
 
こうして検証していくと、随所に大瀧詠一のエッセンスがふりかけられていることに気づきます。
 
大瀧詠一が亡くなったのが2013年の年末。「円盤ゆ~とぴあ」がリリースされたのが2015年の年末。
このアルバムは「盤」が好きだった大瀧詠一への追悼盤だったのかもしれません。


円盤ゆ~とぴあ