ずっと音楽に夢中

身も心も解放してくれる素敵な音楽に出会ったら、興奮さめやらぬうちに書きつづります。あれこれ書きますが、結論はすべて「音楽っていいな」です。

RYUTist「無重力ファンタジア」がアイドルソングを超えたわけとは?

新潟市古町を中心に活動するアイドルグループ「RYUTist」(りゅーてぃすと)が、シングル「青空シグナル」をリリース。
そのカップリング「無重力ファンタジア」がYouTubeでも公開されました。
 
いやーかなりいい曲ですね。
作編曲はikkubaru(イックバル)。彼がEspeciaに提供した「アビス」も名曲でしたが、これもまた素晴らしい。
曲のよさに加えて、歌も秀逸です。
 
RYUTistは抑えられたトーンの歌を披露しています。
一聴しただけで、その雰囲気にぐっと引き込まれました。
 
声をはっきりくっきり出して歌うのがアイドルソングのトーンだとすると、ワントーンくらい下の声で歌っています。
かといって声がくぐもって元気がないというわけではなく、逆にひたむきに訴えかけるように歌っているのが感じられます。
「青空シグナル」は元気いっぱいなアイドルソングですが、「無重力ファンタジア」のイメージは、もっと大人っぽい落ち着いた雰囲気。
両者で醸し出すトーンにギャップがありすぎますね。この差がかなり面白いと思いますが。
それにしても、「無重力ファンタジア」はどうしてこんなに抑えめのトーンで歌っているのでしょうか?
 
考えられるのは、「無重力」の雰囲気を表現しているということ。歌のトーンを抑えめにしたのは、宇宙空間のイメージをあらわすため静寂を意識したからでは。あくまで推測ですが、もしそうだとすればこの歌は「無重力」をうまく表現しきれていると思います。
 
「無重力ファンタジア」の落ち着いたトーンは、アイドルソングの枠を超えています。
 


無重力ファンタジア


青空シグナル